コンピューター関連

最近、ロシア語のスパムが多くてまいったのでやったこと

更新日:

最近、ロシア語であろう件名、本文のメールが一日に何十通と来るようになった。
さすがに困り果てたので、色々調べて対策をしてみたので、メモ。

ロシア語に限らず、外国語のスパムは色々と来るのですが、英語メールは必要なモノもある場合があるので、単純に外国語一括りで弾く事は避けたい。
とりあえず、ロシア語のメールをスパムとして弾いてみることにした。

ロシア語のスパムメールをファイルとして保存し、テキストエディタで見てみると、件名[Subject:]に"?koi8-r?"という文字列があることが確認できた。
早速ググってみると、

KOI8-Rはロシア語のキリル文字を扱うよう設計された、8ビットの文字コードである。ブルガリア語も扱える。ここから派生したKOI8-Uには、ウクライナ語の文字が追加されている。最初のKOI-8符号はソビエト当局により1974年に設計された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/KOI8-R

ロシア語の場合、この文字列が件名に含まれる事がわかったので、件名に、"koi8-r"が含まれる場合は、スパムフォルダに放り込むように設定してみようと思う。
以下、設定方法。
※筆者はさくらインターネットを利用しているので、さくらインターネットでの設定方法となります。その他サーバーでも似たようなことだと思うので、各自調べて下さい。


まず、FTPでサーバにアクセスします。
/MailBox/[USER]フォルダの中に、".mailfilter"というファイルがあるので、これを編集します。
以下のコードを記述してください。コードの詳細については割愛しますが、件名に"koi8-r"が含まれている場合、スパムフォルダに放り込んでねと言うい事です。正規表現等についてはググってください。

if (/^Subject:.+koi8-r/)
{
	to "maildir/.spam/"
}

編集後、".mailfilter"を元の場所に上書きすれば完了です。

参考サイト:
さくらインターネットのメール・ボックスで、ロシア語件名のメールを弾く
さくらサーバのSPAM対策

-コンピューター関連
-, , ,

Copyright© BoozyWoozy , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.